歯周病治療

歯周病について

歯周病とは?

歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気で、 かつては歯槽膿漏と言われていました。歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、ブラッシング時に出血します。 しかし、痛みは全くありません。さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしてきます。この時期になると、やっと痛みや腫れをともないます。

そして、最後には歯が抜けてしまいます。その理由として、初期の段階では虫歯のように歯に穴があいたり、痛くなったりと言ったはっきりとした症状が現れにくく、 かなり進行しないと、痛みや腫れと言う自覚症状が現れないからです。さらに、日本人には歯の定期検診を受ける習慣があまりないこと、また歯周病を確実に治療できる歯科医が残念ながら 非常に少ないことなどが考えられます。一生自分の歯で噛むためには、むし歯の予防と同時に歯周病の予防と適切な治療が大切なのです。

歯周病の特徴について

歯周病は、目に見えない歯肉の溝の中に起こり、気づかない内に進行してしまいます。

下記の症状がひとつでもある人はある程度の差はあれ、歯周病の疑いがありますので、一度検査に来られることをお勧めしています。

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 歯肉がむずがゆい、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色でひきしまっている)
  • かたい物が噛みにくい。
  • 歯が長くなったような気がする。
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に 隙間がでてきた。

歯周病の症状の段階について

軽度歯周病

見た目

特に変化はありません。よく見ると歯ぐきが腫れて赤くなっていることもあります。

痛み

特に痛みはありません。

日常生活の支障

歯磨きをしたときに出血がある方もおられます。

歯周病

中等度歯周病

見た目

歯ぐきが腫れて赤くなり、歯石がついていることもありますが、専門家が見ないと分からないこともあります。

痛み

歯が沁みたり食事の際に痛みを感じる方もおられますが、ほとんどの場合は痛みはありません。

日常生活の支障

歯磨きをしたときに出血があります。食べ物がつまりやすい方もおられます。

歯周病

重度歯周病

見た目

歯ぐきが下がって、歯の根っこが見えてしまいます。大きな歯石がついている方もおられます。

痛み

痛くて食事ができない方もおられます。

日常生活の支障

手で触っても分かるくらい歯が揺れているので、食事ができません。歯ぐきが下がって歯が沁みる方もおられます。

歯周病

歯周病が引き起こす病気

歯周病菌は全身疾患を引き起こします。 歯周病は口の中だけの問題と考えられていました。しかし最近ではその影響は全身のいたるところに及ぶといわれるようになっています。

歯周病は、歯周病菌が歯と歯茎の境目に集まることからはじまります。 そして歯周病菌が出す毒素によって歯茎が炎症を起こします。 歯茎は毛細血管が豊富にあるため、炎症が起こると出血しやすくなるのです。歯周病菌は、その毛細血管などから血管に入り込み、体全体へと巡っていきます。

血管以外でも歯周病菌が唾液などに溶け込むなどして、唾液を飲み込むことによって、歯周病菌が気管や肺、食道に流れ込むことが考えられます。 歯周病の影響がリスクとなって、影響を与える可能性がある疾患は、主に次のようなものがあります。

歯周病が及ぼす病気のリスク

狭心症、心筋梗塞

血液中の歯周病菌が、その毒素や炎症反応の影響で、心臓の冠動脈などが血栓によって詰まる原因となることがあります。歯周病が進行していると、これらの心疾患になる確立が約3.6倍も高まります。

感染性心内膜炎

すでに心臓に病気がある場合などは、血液に入り込んだ歯周病菌が、人工弁や心内膜などに歯周病菌が付着して増殖、感染性心内膜炎になることがあります。

糖尿病の悪化

血管に歯周病菌が入り込むと炎症反応が起こり、インスリンの活動に障害を起こします。その結果血糖値のコントロールが悪くなり、今度は口の中の歯周病菌が繁殖、ますます歯周病が悪化する悪い循環に陥ることがあります。

早産

妊娠中に歯周病菌が血管内に入り込むと、炎症反応により、子宮筋を収縮させたり、胎児の成長に影響を与えて低体重出産になりやすくなります。歯周病が進行している場合には、そうでない場合の約7~8倍リスクが高まると言われています。

肺炎

要介護の高齢者などは、謝って唾液を気管に入れてしまうことが少なくありません。歯周病菌などが多く唾液中に含まれていると、誤嚥性肺炎を起こすことがあります。これは寝たきりの状態の長期化につながります。

がん

最近では、歯周病によりがんのリスクが高まる可能性があるとの研究結果も報告されています。

歯周病治療について

歯周病の基本治療について

この療法は、ほとんどの歯周病に対する基本的な治療です。ポケットの深さを測定し、歯垢、歯石の除去を行います(スケーリング&ルートプレーニング、ブラッシング)。 スケーリングは歯の表面や根の表面の歯垢歯石を器械で取除く事です。

ルートプレーニングは歯の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表層を除去する方法です。このことにより、歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2~3mm)維持されればメインテナンスに移行します。

外科治療

基本治療で一部ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングで除去できない状態や、歯周病の進行が進んでしまった状態に対して外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。

また、特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術を行う場合もあります。手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。ポケットが改善されれば、メインテナンスに移行します。

歯周病のメインテナンス

歯周病の再発防止と健康の状態を維持してゆくために、定期的に検査と予防処置を行うことが必要です。歯周病のチェックと専門家による歯垢、歯石の除去などのクリーニングを行う事が何よりも重要です。 どのような治療をたどっても、行着く先はメインテナンスになります。

歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気で、 かつては歯槽膿漏と言われていました。
歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、ブラッシング時に出血します。 しかし、痛みは全くありません。

さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしてきます。この時期になると、やっと痛みや腫れをともないます。
そして、最後には歯が抜けてしまいます。その理由として、初期の段階では虫歯のように歯に穴があいたり、痛くなったりと言ったはっきりとした症状が現れにくく、 かなり進行しないと、痛みや腫れと言う自覚症状が現れないからです。

さらに、日本人には歯の定期検診を受ける習慣があまりないこと、また歯周病を確実に治療できる歯科医が残念ながら 非常に少ないことなどが考えられます。一生自分の歯で噛むためには、むし歯の予防と同時に歯周病の予防と適切な治療が大切なのです。
次のことも歯周病を進行させる因子となります。

治療費

  料金(税抜)
骨補填剤1/3本、吸収性メンブレン1歯分 ¥50,000
骨補填剤2/3本、吸収性メンブレン2歯分 ¥100,000
骨補填剤1本、吸収性メンブレン3歯分 ¥200,000
サイナスリフト・ソケットリフト(片側) ¥250,000
エムドゲイン ¥100,000
VISTA(投薬料は別) ¥200,000
歯周外科4〜6歯(投薬料は別) ¥15,000
治療に伴うリスク

※再生療法における術後のリスクは、移植した自家骨または、人工骨が歯肉の縫合の裂開により感染することがあります。

ウェブ予約 電話をかける